2020年5月23日土曜日

重機投入

台風被害によって折れてしまったタイサンボクの切り株を掘り起こしていきます。
手作業ではとてもできないので重機をレンタルしました。


そのほかにも花壇の拡張や植え替えなど、次の花のために進めています。

2020年5月18日月曜日

花の寺 牡丹が咲きました

今年の牡丹は終わったと思っていましたが、今朝牡丹が咲きました。
4月13日の大風で牡丹の枝の蕾ももぎ取られた牡丹の内、4品種に蕾が、そして花が開花しました。
【牡丹庭園108種】
13日向

これから咲く品種はこちら
↓つづきを読んでね

2020年5月16日土曜日

観音菜園と薔薇

今年もトマトの苗をご近所さんから頂きましたので
潮音寺 食堂横の畑で育てます!

冬から畑を準備していたのでふかふかの土で準備万端です!


境内の薔薇が咲き始めました!
↓写真が続きます

2020年5月14日木曜日

田中ひろみ先生 生誕祭!!


潮音寺 福住職の村上師とイラストレーター&文筆家の田中ひろみ先生と仏像に一番近い芸人のみほとけちゃんが生誕祭インスタライブが行われます!!
本日、5月14日の21時からです!

要チェックです!!


田中ひろみ先生


みほとけちゃん


2020年5月13日水曜日

菖蒲と菖蒲 読み方違う

黄菖蒲
ひっそり黄ショウブ咲きました
ショウブは花弁のもとが褐色の筋がある


 菖蒲
アヤメ

アヤメは花弁のもとが網目状の文様がある
境内の花
↓つづきを読んでね

2020年5月12日火曜日

2020年5月11日月曜日

令和2年5月 地蔵縁日法要


法要にて『除疫病守護札』の祈願が行われました
今月中にご縁の方々へ送付させていただきます。

授かりたいという方はお寺までご連絡頂けましたら無償にてお授け致します。



手水屋を【花手水】にしてみました
手水の利用を中止していますのでどうせなら「わぁ!」って驚いてもらうために。


↓写真が続きます

2020年5月10日日曜日

5月は母の月


母の為に父母恩重経のお写経を書き感謝と冥福をお祈りいたしました。
母の日に潮音寺の花をご覧ください
牡丹:五大州
合掌
基達

2020年5月9日土曜日

母の日

5月10日は母の日です。

潮音寺建立の願主・橋本登美三郎居士のお母さまは観音信仰の篤いお方でした。ご自身も母なる心の運動の本山として慈母観音菩薩をご本尊にお祀りされ、母なる心は仏の心であり天地創造の根元であるといわれました。

平成30年11月に宮大工の小川三夫棟梁により復興した鐘楼に吊り下げられている鐘は創建時のもので、「御仏の久遠の鐘のあまねくばあらぶる世とてはやらぎあるべし 母と子を護らせ給え 慈母観音」と願主の和歌が浮彫りされています。鐘の音は御仏の尊いお声を聴くようだといわれ、「母の鐘」と名づけられています。

『父母恩重経』は”父母の恩重きこと天の極りなきがごとし”と説かれ、特に10番目の究竟憐愍(くきょうれんみん)の恩は、母が子に無限の愛をもって対することが説かれています。
このお経の御心を一首の和歌に詠まれたものに「諸人よ思い知れかし己が身の 誕生の日は母苦難の日」(読み人知らず)があります。
私たちは、お母さんの慈愛に包まれて育てていただきました。
母の日には、感謝の心を伝えましょう
合掌
基達






2020年5月8日金曜日

牡丹の手入れ

【三十三観音】
今年最後の品種が咲きました。昨年より2日遅い開花です。
2蛤蜊観音:亀崎の舞


牡丹の世話
ひこばえ取り
↓つづきを読んでね

2020年5月7日木曜日

シャクヤク

厄除不動明王と芍薬
立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花といわれる芍薬が間もなく咲き始めます。
芍薬には薬の文字があるように、薬としての効能があるそうです。
芍薬の根を乾燥させ煎じて服用すると、補血、止痛、血虚、腹痛、筋肉痛、痙攣痛、婦人病などに用いられるようです。

合掌
基達

2020年5月6日水曜日

雨が降る前にお花見

今朝咲いていいる花いろいろあり
つつじ満開です
唐獅子牡丹

◎今日は水子供養法要を行いました。
水子供養は、本堂でお経を唱えてから外の水子地蔵さまにお塔婆を立てて供養いたします。生花は良いのですが御供物のお菓子やジュースは、外に置くとカラスが散らかしますので、本堂のお地蔵さまにお供えしてもらっています。
↓つづきを読んでね

2020年5月5日火曜日

開花に驚き

【三十三観音】
25魚籃観音:磯の波
昨日、紹介した磯の波ですが、お昼にみて花弁に勢いがありません。
もう終わりかと思い、夕方に切取ろうと思って行ったら元気に、見事に咲いていました。
昼の画像

夕方の画像

14春興殿も最盛期がわかりません。
やっと咲いたという感じで見ています。

この花 まだ開くのでしょうか

合掌
基達